引き継がれた家

瀬戸内に浮かぶ向島に建つ築100年を超える古民家。祖父母の大切な思い出を残したいという思いから計画がスタートしました。「伊達二階」と呼ばれる中二階の住宅で、中二階はなくして吹抜けにしながら、中二階にあった窓から日差しを家の奥まで取り込む明るいLDKにした。断熱・補強工事も行い、以前とは比較にならないほど性能が向上した住空間で快適な暮らしを楽しみながら、随所に刻まれた祖父母の思いでを子供に伝えて行く。

INFORMATION
A様邸リノベ工事
所在地:尾道市
床面積:135.21㎡(平屋)
ご夫婦、お子様3人、犬