急須と湯呑

波佐見焼の急須と湯呑です。

シンプルな形で飽きがこない、持ち手の竹もつるりとして何とも言えない

白磁と竹の色と質感のバランス。

また磁器なので丈夫です。

注ぎやすさも抜群で、いろいろな面で秀逸だと感じます。

私はあわてん坊なので、よく急須の口のところを洗う時に欠けさせてしまうのですが、

この急須を使い始めてから、そういう事が(今のところ)なくなったようです。

洗練された美しいデザインなのでで、扱う側の心持も引き締まる感じがするというか…

湯呑も合わせて揃えたい一品です。

タグリスト: