栗原 くの字の家

細長い田んぼの跡地に建つくの字の家。
土地の個性を活かすことで、ここならではのオリジナリティ溢れる家が実現。
南側に広く面した土地なので日の光を沢山取り込むことができ、どの部屋も明るく爽やかな空間に。
窓からは田んぼや山が見え、四季の移ろいを感じることができます。
緑の多い景観に馴染むよう、外壁は全て焼き杉板で仕上げました。