構造Re
まずは、目視で建物の劣化状態を診断を行います。建物の構造を読み取りながら、補強材や既存構造材を見せるか、兼ねるか、隠すかを考えます。
環境Re
快適な住空間にするために熱環境の改善を検討します。断熱、風、光、質感など、目に見えない心地よさを大切にし、住環境を整えるプランを考えます。
敷地Re
既存建物の建築後に起こった近隣環境や法改正等の変化を踏まえ、増築・減築・分割・結合・庭・景色・周辺環境の取り込み方など、敷地の中に眠っている可能性を掘り起こします。
間取りRe
建物を支える既存構造を読みとき、その建物の空間メリットを最大限に活かしつつ、お客様のライフスタイルに合った間取りと、暮らし方のご提案をします。
収納Re
「どこに」「何を」「どれだけ」の収納計画+動線計画を立て、家事がラクで楽しく、無駄な動き、スペースをつくらないことで、ストレスを減らした豊かな暮らしを実現します。
古材Re
梁・柱・土台・内装材・家具は地域や目的によって「適材適所」に活用され、大変味わい深い色になります。躯体・内装材の修繕と、新旧家具の組み合わせで価値を再構築します。