POINT
1
土地を読む
まずは、敷地を読む事からはじまります。敷地のメリットを最大限に活かし、敷地のデメリットもカバーすることで、その土地での最適な間取りを導きます。
2
余白のある空間
プレーンな心地よい余白を残した空間をつくります。用途や機能が決まり切らずに余白を残すことで、心にゆとりを感じられる空間が生まれます。
3
使い勝手を大事に
「どこに」「何を」「どれだけ」の収納計画を立てて動線計画をつくります。家事が楽で楽しく、無駄な動きやスペースをつくらない、使い勝手の良さも大事にします。
4
内と外を結ぶ
風・光・四季折々の緑の匂い・周囲の景観などをどう取り込むか、また、悪いものをどう防ぐかを考えます。
5
目に見えない心地よさ
建築の大事なところは見た目だけではありません。温度や湿度、手触りや匂い、質感など、目に見えないくとも感じる心地よさを大切にします。